微男微女

ジェンダーやセクシュアリティについての考察

男がスーツを着る理由

(2015/4/11のブログ)

 

疑問に思っていたことを質問してみた。
「男の人はスーツしかダメだというルールなんですか?」
会社の先輩は答えた。
「そんなことないよ」

 

服装に関して疑問が生じた理由はこのブログに書いた。
「私服の女とスーツの男」

http://kyuuchan.hatenablog.com/entry/2015/06/13/210928

 

繰り返しになるが、会社の先輩の服装を見ると男女に明らかな違いがあることがわかる。
男はスーツ。
女は私服。
男女で異なるルールが適用されているのかと疑問に思うのも無理はない。

 

でも、男はスーツ以外ダメだとルールはないらしい。
じゃあなんでみんなスーツなの?
「女の人はスカートでもズボンでもいいし、スカートの長さも変えられるし、いろいろ遊びやすいよね。
 でも男の人は遊び幅が少ないだからだよ。」

 

“ビジネスカジュアル”の範囲内でどれだけ“遊べるか”。
ルールは同じ。
でも遊びやすさは違う。
結果として、遊びにくい男はスーツになる。

 

服のルールは同じだが、ファッションに関して男女で異なる点があった。
それはピアスを付けていいかどうか。
男がピアスを付けると注意されるらしい。
女は付けてもいいのに。

 

女でもピアスの種類や数によっては注意される可能性もあるとのこと。
その理由は非常に合理的。

ピアスがあると受話器を耳に当てたときにカチャカチャと音がする。
仕事に影響が出る。
だからダメ。
わかりやすい。

 

物理的な影響はわかりやすい。
でも、男がピアスを付けられないのは、心理的な影響を考慮した結果だ。
男がピアスを付けていると顧客からの印象が良くないということだろう。

 

「印象」がビジネスに影響を与える。
よくあることだと思う。
それを定量的に把握することは難しい。
でも想定されるリスクは回避したい。


だからピアスはやめておく。
スーツを着ておく。


これもじゅうぶん合理的だ。

 

ではまた!

 

きゅうり(矢野友理)