微男微女

ジェンダーやセクシュアリティについての考察

名前は性別を表すのか

(2015/4/30のブログ)

 

「名前のせいで弟あてに振袖のDMが来る」
知人がTwitterでこのような内容をつぶやいていた。

 

「女の名前」「男の名前」だと“一般的に”考えられている名前がある。
たとえば
「ゆうこ」という名前だったら女、
「ゆうと」という名前だったら男、
というように。

 

性別を問わずよく付けられる名前もある。
「ゆうき」とかね。

 

名前は名前。
名前に性別の概念を含める必要はない。
でも多くの場合、名前が性別も表している。
だから女だと思われやすい名前の男に振袖のDMが届く。

 

自分の名前が嫌いだというトランスジェンダーの人がいる。
自分の体の性別を表す名前だから。

 

名前では呼ばないでほしい。
苗字かニックネームで呼んでほしい。

 

自分の名前に嫌悪感を抱き続けるのはつらいだろうと思う。

 

名前の付け方は時代とともに変化する。
名前が性別を表すことは徐々になくなっていくかもしれない。

 

それでも、男女どちらかの性別を表していると思われやすい名前は存在する。
性別がわかりにくい名前も存在する。

 

私は性別がわかりにくい名前を子どもに付けたい。
いつ子どもができるかわからないけれど。
(パートナーがいないという悲しい現実)

 

ではまた!

 

きゅうり(矢野友理)